中華そば とみ田 

       


 ジャンル  ラーメン、つけ麺      
 メニュー  特製つけそば1,100- 
      
   
 ホームページ  http://www.tomita-cocoro.jp/  :
  データ 
  住所:  千葉県松戸市松戸1339  
  交通:   JR松戸駅東口徒歩約4分
   
  電話番号: 047-368-8860 
  営業時間: 0:30〜売り切れ次第終了。(麺切れ15:00頃) 事前予約制7:00〜 
  定休日:   水曜日 その他不定休    
  駐車場:   無(近くにコインパーキングあり。)  
   
   お勧めマーク (満点:5)
   
   
     
     
  特製つけそば麺トッピング     つけ汁        
     
  極太麺      スープ割り     特製?丼  
     
  カウンターの様子      券売機     メニュー看板  
     
  食券購入予約システム     暖簾      お店入り口  
     
   お店外観      カード       
     
 






五十音検索






 

 さすがはとみ田王者の風格 

とみ田系のお店は最近店舗数も増えてきた。
富田食堂、雷本店、東池袋大勝軒ROZEO、などには時々行っていて、先日は甲府に行ったついでに、うゑずにも行ってみた。
しかし、とみたグループの本丸たるとみ田は行ったことがなかった。以前だとあの行列と待ち時間が最大のネックになっていたからだ。

それが少し前からシステムが変わり、一度訪れて食券を買い、指定された時間に行ってという方式になった。といっても、これもハードルは低くはない。

それに、とみ田が休みの時と、午後5時以降は富田食堂でも濃厚つけ麺は食べることができるので、無理して行かなくても・・・と思っていた。

今回は丁度タイミングよく時間が組み立てられてので、ついに挑戦してみることにした。

とみ田系では「心の味食品」がセントラルキッチンになっていて、食材はまとめて作っている。雷本店でも、富田食堂でも、太麺などは食べた感じ同じに思える。おそらく豚骨スープベースもこちらで作っているのだろう。
では、総本山とみ田のそばは他の店舗と一体何が違うのだろうか。これを楽しみにお店に出かけて行った。

先ず食券を買い、説明を受けて、指定された約2時間10分後に再びお店にやってきた。
指定時間の10分前が集合時間で、そこから約20分で席に着けた。店内は背合わせのカウンター席が2列。客さばきの店員さんの案内に従って入店した。

感心したのはこの案内係りの店員さん、たえず店内と、外のベンチの間を行ったり来たりしている。本当に休む暇なく動いていて、これを1日やっていたら、相当歩くのだろうな・・・とつい余分なことを考えてしまう。

さて、店内のカウンターの中には大将の富田さんが料理を作っている。

席に座ると、ほとんど待たずに特製つけ麺が運ばれて来た。非常に美しい盛り付けで、特にローストポークが素晴らしいビジュアルになっている。しかもチャーシュー類は食べやすいように切り分けられている。

挽きぐるみ極太の麺はゆで加減や口に入れた感じが、先日うゑずさんで食べた時とほぼ同じだだった。 讃岐うどんの様な食感がとても美味しい。

しかし、つけ汁の味付けが、富田食堂や雷本店と違って、ドンピシャの味付けになっていた。
これは素晴らしい。塩加減がジャストに調整されているのでスープ本来の風味が活きていて、しかもスッキリ感も感じられる。

また、トッピング類の温度も実にバランスよく調整されていて、全くソツがない。

特にトッピングでは、ほん田の本田さんの協力でできたという、ローストポークが出色の出来であった。
煮卵はかなり濃い色が付けられていた。

最後は柚子入りのスープ割に至るまで、全て一枚上手の出来上がりだった。

訪問は1回だけだろうと最初は思っていたけれど、これならば中華そばも是非食べてみたくなった。16.09.29.414


   





食べログページへ  







  




 
リンク     南、中央アルプスの山岳写真を中心に、雄大な
  自然を 写し取った風景写真のサイトです。
   
 
 


 
   
 
料理・味   サービス  雰囲気 CP   酒・ドリンク  トータル
4.5  3.5  4.5 
 
 
とみ田

関連ランキング:ラーメン | 松戸駅

inserted by FC2 system